2020年8月15日


20章新天の交換候補

10周年メダルで選べる新天。 




その気になれば影城主から譲与でもう1枚調達可能。
もっといえば来年の統合先の鯖でも計画的に2枚調達可能と、入手難易度の低さが20章天の特徴と言えます。

その分性能はメダル交換クオリティといったところでしょうか。
いつもに比べて若干インパクトに欠ける性能が多く、辛口評価をするならどれも前期天並。

そんな中で私が交換候補に挙げているのが、下記の3武将。


浅井長政





初見で直感的に確保せねばと感じた新天は浅井長政のみです。

コスト制限のない加勢専用部隊で防御効果2.5倍の高い補正率。
前期の六角や一条に引き続きスキル枠n倍武将がトップ評価。
まぁ仕方ないですね。実際コレ系は強いんだから。

低コストなら微妙な評価でしたが、しっかり5コス高指揮兵数で出てきたのもポイント高いです。


武田信玄




スキル性能が初出なら間違いなく最高評価でしたが、旧天の松平元康とスキルがまったく同じ。

性能被りが2位ってどうなのよって感じですが、これが20章天の微妙な実態だったりします。
でもいい性能で被っているので信玄が強いことに変わりはないです。


あとは松平との2部隊運用をするのかどうか…ですかね。
今期の盟主城は中堅~下位同盟まで大内防御が増えることが予想されるので出番は多くなると思いますが、果たして同時運用までするかな…

同盟内に優秀な兵種鑑定士がいればいいのですが、最近は着弾直前に兵種をずらす同盟もいるから本当に難しい。どんだけ訓練してんだよと思うw

松平と武田を投入して兵種外すと悲惨な結末になりますからね…
あまり強気の2部隊ギャンブルは流行って欲しくないというのが正直なところ。


長宗我部元親




前期天の島津貴久と同じ性能で、こちらは極限枠の防御効果が3倍。
実際は極限枠の1.2倍補正が乗って3.6倍に。
布都だとMAX火力が1000%を超えてきます。

対応兵科も広く騒速との相性も悪くないので騒速か布都がつけばかなり心強い。

極限スキル次第の武将なので、スキルを入れ替えながら長く使っていける武将だと思います。



以上3枚が交換候補です。


補欠1:毛利元就




自部隊の最高火力を更新するほどの力はないのですが、武ノ美や騒速部隊に合わせて柔軟に補強できるので2軍の強化に使いたいです。
もちろん部隊長運用も悪くないです。

速度効果も付いており空き地育成の引率能力も高い。
私は結構欲しい1枚。

補欠2:素材としての三好長慶




武将単体の能力はそうでもないのですが、初期スキルの天涯ノ絶王は候補Aから移植可能。

自部隊合流時に消費コストを最大2まで減らしてくれるため、3部隊合流を検討している人にとっては追い風となるスキルです。
極めた先には「それは反則だろう」というような部隊が完成するのでしょうね。

ただこのスキルの対応兵科「弓/馬/焙」が狭いので付与先の部隊が限られるのがネック。
武ノ美(馬)や騒速(弓/焙)部隊につけることになりますかね。

私はあまり自合流をしませんので、素材として使うことはないかも。
占領システムが実装され自合流強化が課題になっていれば評価が変わったかもしれない武将ですね。




Related Posts
Next Post
Previous Post