2020年2月29日


制圧拠点の中

初戦で制圧拠点を守る場面がありました。
βではほとんど見れていなかった部分なので色々気になることも。

まず最初に驚いたのが敵襲時に敵の兵科が丸見えであること。




兵数が兵科別に分類されて表示されています。
兵数が分かりますので自然と合流数まで予想できます。
砲は三すくみ別に分類できて確認できるなど、相手戦力は結構丸裸。

兵士の入れ替えは専用スキルがなくても全員行えるため、松平は使用厳禁。
そのため都度兵種を最適化する狂天防御がベストと思いますが、兵種チェンジの手間もありやらないかもw
大内は盟主加勢に割いてるケースもありますし。

宇佐美・細川の加勢枠拡張は有効でした。
最大+8枠になると思います。

あと仕様で気になっていたのがこれ


加勢先で武将編成とかマジかとおもっていましたが、通常部隊と同様「交代(部隊長と)」「外す」ボタンが表示されており、入れ替えることができました。




加勢先でこの動きは斬新ですね。
直接配置はできないのに入れ替え武将はどこから来てるんだろうと思うw

この仕様だと宇佐美・細川で加勢枠を最大まで拡張した後、入れ替えられる気がするんですよね。まだ試してないですが。

そうすると加勢枠を広げつつ、後で大内などの火力武将で入れ替えて補強ということもできるかもしれません。

四方の砦だと10合流に対して最大23部隊(15+8)の一軍防御。
大内の狂天防御も可能となれば、本気で固めた制圧拠点を落とす術は現状無いですね。
蘆名で10合流固めたとしても落とせないでしょう。


あとは防Pも結構入りまして、今期分の吉法師は初戦で全て回収できました。


制圧拠点は相手の兵科が見えたり武将入れ替えができたりと、防衛天国。
ここは温泉旅館かと思うくらい至れり尽くせりの快適スポットでしたw





Related Posts
Next Post
Previous Post