2018年4月5日


狂天大楽模倣の脇を固める

常勝の采配を付与できる素材が
今月も追加になりました。

金クジ限定ではあるものの
市を見てもそれほど高騰もしていません。
天下統一戦を控え、人気化するかと思いきや、
皆さん相変わらず防御は劣後対応のようです。
まぁ今は模倣スキルや津田でしょうね。


常勝の采配を移植可能な特素材

伊東祐兵

S1:常勝の采配



先月も素材が追加されています。

太田康資

S1:常勝の采配



大殿・盟主城での防御力


配置人数火力上昇(%)
加勢役職盟主合計常勝の采配天楼廓覇
大殿240404284198.8482.8
通常盟主1604020220154374

流石に盟主防衛だと固くなりますね。
大殿だと天衣、武神、天鎖どころか
天綾の期待値も大きく超えてきます。

常勝の采配を4つ付けると、
それだけで大殿を守る穴太防御500万程度は
確保できることになります。
(素の防御力50万程は欲しいですが)

兵種で縛る必要が無いのも魅力ですが、
器防の兵種縛りとも相性がいいですね。


狂天器防部隊の脇を固める必要性


盟主防衛の主力部隊となる
大内義隆の狂天大楽模倣による穴太衆防御。



数千万の防御力が出せる一方で、
兵種を穴太衆で統一するために
頭数を合わせるための
即席器防部隊もちらほらと居ます。

主力部隊をいくら固めても
脇を固める部隊で早々に壊滅がでるようだと
狂天大楽もその都度、弱体化してしまいます。

そういう弱点から崩していくのが
尼子経久の黄泉の神域で、
兵士被害増の特殊効果は
避雷針部隊ほど被害数が増えるため、
できるだけ防御力格差の無い編成が求められます。



・狂天大楽模倣による同盟内での防御力格差
・黄泉の神域による避雷針イジメ

材料は揃ってきているので、こういう傾向が
今回の天下統一戦で見られると面白いですね。

模倣で攻撃側の火力も上がっていますし、
そうなる前に押し切られる可能性も高いですが。

まぁどちらに転んでも、しっかり守るなら
常勝の采配で防御力を積み上げていく
必要がありそうです。


実際の被弾と避雷の様子


実際に覇道模倣縛りを被弾したときの
兵被害がこちらになります。



上段が器防一軍、
狂天大楽模倣の大内部隊。

中段が器防二軍の北条部隊。
北条氏政など武将数で火力が変動する
スキルをメインに構成。
でもそんなにスキルの数が
ないので、弱いです・・・w

下段が加勢枠に空きができて放り込んだ
即席の器防三軍、百地部隊。

防御力格差は
大内部隊 >> 北条部隊 >>>> 百地部隊
といった感じでしょうか。

防御力格差による避雷が顕著ですね。
長期戦になれば、負傷より先に壊滅が出る状況も
十分あると考えていいでしょう。

早期の壊滅を防ぐため、
弱い部隊ほど常勝の采配で鍛えねばと
改めて実感しましたが、
常勝の采配をつけてしまうと
盟主加勢専用部隊になってしまうので、
少し悩み所ではありますね( -.-) =з



Related Posts

Next Post
Previous Post